個別の記事に表示される「作成者」を消す

個別の記事に表示される「記事の作成者」に自分の名前とパーマリンクが載ってしまうのがどうしても気になってしまいます。そこで、現在のテーマを変更することなく安全に修正しましょう。

まずは、子テーマを作成しましょう。プラグインを活用すると作業が楽です。

個別の記事はcontent-single.phpを編集することで修正できます。子テーマのフォルダにファイルをコピーしましょう。下記のように変更してください。

/* 変更前 */
if ( '' != $tag_list ) {
    $utility_text = __( 'This entry was posted in %1$s and tagged %2$s by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catch-box' );
} elseif ( '' != $categories_list ) {
    $utility_text = __( 'This entry was posted in %1$s by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catch-box' );
} else {
    $utility_text = __( 'This entry was posted by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catch-box' );
}
/* 変更後 記事の作成者 削除 */
if ( '' != $tag_list ) {
    $utility_text = __( 'カテゴリー: %1$s | タグ: %2$s', 'catch-box' );
} elseif ( '' != $categories_list ) {
    $utility_text = __( 'カテゴリー: %1$s', 'catch-box' );
} else {
    $utility_text = __( '', 'catch-box' );
}

これで終了です。元のテーマに変更があっても修正の必要がなくなります。